【エピソード6】1%の努力

この章では、仕事をする3通りの人間について書かれています。

その中で天才を支える人に関して書かれていました。

尾田栄一郎先生の担当の方は、尾田栄一郎先生の電話番号しか入っていなくて、いつどんな状態でも鳴ったら出るそうです。

そして、夏休みの宿題の3パターンについて書かれています。

自分は、中学までは自由研究を出さなかったので新しい選択肢の④でしたが高校からは、実業高校だったのですが宿題が進学校並みにあり1日提出しないごとに減点されたので毎日コツコツタイプでした。

それでは

↓に貼っておきますね

Amazon

コメントを残す